6・4開幕セ・パ交流戦 勝率1位が賞金総取り復活!

スポンサーリンク

一般社団法人日本野球機構(NPB)は23日、今季のセ・パ交流戦の開催要項と日程を発表した。

公式タイトルは「日本生命セ・パ交流戦」で、同社の特別協賛は15年連続15回目となる。

初戦は6月4日で、同23日までの全108試合。相手リーグ6チームと3連戦を行う。昨季リーグ優勝した西武と広島が初戦で対戦する。

変更点として勝率1位球団を「交流戦優勝球団」とし、賞金3000万円を総取りとする。

昨年までは勝率1位球団(ヤクルト)に500万円、勝ち越したパ・リーグの勝率1位チーム(オリックス)に1000万円、以下パ各球団の順位に応じて傾斜配分されていた。5年ぶりに総取りの形に戻る。

12球団で最も活躍した選手に、MVPとして賞金200万円が贈られる。