進化するデータ野球~ソフトバンクはフル活用で日本一


進化するデータ野球

データ野球の本場メジャーリーグで、近年のデータに関する大きな出来事といえば、2011年に公開された映画『マネーボール』の題材にもなった「セイバーメトリクス」の台頭だろう。

打者なら打率や本塁打数、投手なら勝利数や防御率だけで判断してきた選手の能力を、それ以外の客観的な指標で評価して隠れた実力者をあぶり出し、チーム編成に生かす方法だ。

そうした考え方はプレーを測定する機材の発達により、さらに加速する。
代表例が「トラックマン」と呼ばれる弾道測定器の登場だ。

2013年頃から本格的に導入された軍事技術を用いた仕組みで、ボールの動きを三次元的にトラッキング(追跡)。

球速はもちろん、回転数や回転軸の向き、リリースポイントの位置や変化量、さらに打球の速度や角度、飛距離なども計測できるようになった。

こうした高性能機材で計測されたデータはどんどん蓄積されてビッグデータとなり、戦術にも変化をもたらす。

極端な守備シフトを採用し、20年連続負け越しの弱小球団から脱却したピッツバーグ・パイレーツはその成功例だろう。

近年では、「トラキャブ」という映像データを基に選手の動きを解析するシステムも登場した。

メジャーではこのトラキャブの機能とトラックマンの機能を合わせた「スタットキャスト」と呼ばれるシステムが、全30球団の本拠地に導入されている。

こうしたデータ野球の波は日本球界にも押し寄せている。

その最先端を走るのが福岡ソフトバンクホークスだ。

IT企業のライブリッツ株式会社と提携し、ヤフオクドームで測定したトラックマンデータなどの解析を行なっている。

「代表的なものがピッチャーの球の分析です。試合中の投球がどのコースを通り、どう判定されたか、1球ごとのデータを集計します。ここから見えてくるものは投手の能力だけではありません。

キャッチャーに注目すれば、低めのストライクボールをしっかり捕球できたか、ミットが垂れてボールと判定されてしまうことが多いのか、その選手の癖が見えてきます。ほかにも球審ごとに分類すると、審判によってのストライクゾーンの傾向まで出てきます」(ライブリッツの村澤清彰社長)

今日の球審は両サイドに甘く、高低に厳しいタイプ──

ホークスの打者たちは、実際の試合でそうした情報まで頭に入れた状態で打席に立てるわけだ。

(週刊ポスト2018年12月7日号より)


スポンサードリンク