ソフトバンクホークスが持つ最大の武器は“世界の王” 金だけじゃない


ソフトバンクホークスが持つ最大の武器は“世界の王”

「世界の王は断れない」――。

15日にFA交渉が解禁。ソフトバンクは西武の浅村栄斗(28)、オリックス西勇輝(28)のダブル取りを目指している。

2人は今オフの「人気物件」。昨14日、以前から浅村にラブコールを送っていた楽天が改めて獲得に動くことを表明。

オリックスも興味を示している。同じく14日、阪神が西の獲得に乗りだすことを正式表明。DeNA、中日も調査を続けている。

しかし、中日はソフトバンクの参戦に「太刀打ちできない」と撤退を示唆したのだ。

それもそのはず、慰留を願うオリックスは今季年俸1・2億円から大幅アップの4年総額8億円、ソフトバンクはそれをさらに上回る4年総額10億円を提示するとみられる。

金銭面では紛れもなく敵なし。

しかし、ソフトバンクの武器はそれだけではない。

王貞治会長の存在だ。王会長が出馬すれば2010年以来。

そのとき獲得したのが、横浜(現DeNA)から移籍した内川聖一(36)だ。

初交渉の場に王会長が同席。「スタイルを全く変える必要はない。今のままの君が欲しい」と口説かれ、「あの王さんにお褒めの言葉をいただけるなんて野球をやっていてよかった」とイチコロだった。

06年、巨人に移籍していた小久保裕紀(47)との交渉でも王会長が直接出馬。「また一緒に戦おう」と言って古巣に復帰させた。

15年オフに海外FA権を行使した松田宣浩(35)はメジャー移籍を検討していたが、王会長からの電話を直接受け、「オレは来年も一緒にやるつもりでいるから」と慰留され、残留を決意。

これに松田はこう振り返っていた。

「あの電話を受けて『会長、僕メジャーに行きます』とは決して言えなかった」

選手に合った「オーダーメード」の殺し文句で確実に獲物を仕留めてきた王会長。

西や浅村にはどんなキラーフレーズを使うか。


スポンサードリンク