岩崎、『右肘鏡視下関節形成術』 復帰まで約3カ月見込み


ソフトバンクは25、本日に岩崎翔が横浜市内の病院にて、『右肘鏡視下関節形成術』を受け無事終了したことを発表した。復帰まで約3ヶ月を要する見込みだ。

岩崎は昨季球団新記録となる72登板、46ホールドポイントを記録し、パ・リーグ最優秀中継ぎのタイトルを獲得。リーグ制覇の立役者となった。

今季は4月12日に、横浜市内の病院で「右肘鏡視下滑膜切除術・関節形成術」を受け、シーズン後半の復帰を目指したが、手術後は一軍登板がなかった。

 


スポンサードリンク