ソフトバンクホークス 日本シリーズ進出2年連続18回目

スポンサーリンク

ソフトバンクホークス

MVPはギータでしたか~

上林選手かと思いましたけど。

まぁ、下克上というよりは、シーズン中の両チームの戦いに決着がついた、という感じです。

両チームとも派手な打線です。投手は大変ですね。

捕手も大変でしょう。甲斐選手は一番勉強になったのではないでしょうか。

戦評

10月21日(日)西武 vs. ソフトバンク 5回戦

ソフトバンクが2年連続となる日本シリーズ進出を決めた。ソフトバンクは初回、柳田が走者一掃の3点適時打を放ち先制する。その後、6回表には柳田のソロ、8回には上林の2点適時打で追加点を挙げた。投げては、先発・高橋礼が5回途中2失点の好投。敗れた西武は反撃を見せるも、あと一歩及ばなかった。

123456789
ソフトバンク3000010206120
西武000021011590

王手をかけていたシーズン2位のソフトバンクが4勝2敗(西武のリーグ優勝によるアドバンテージの1勝を含む)で2年連続18回目(前身球団含む)となる日本シリーズ進出を決めた。現行のCS制定後(07年以降)、レギュラーシーズンを優勝したチームが日本シリーズに進出できなかったのは、パリーグでは10年のソフトバンク以来、2回目。なお、10年に日本シリーズに進出したのは3位のロッテで、2位からの日本シリーズ進出はCS制定後初。

ソフトバンクは初回、柳田が無死満塁から走者一掃の適時二塁打で3点を先制した。2点を返された後の五回には柳田が今度はソロ本塁打で突き放す。4-3で迎えた八回には上林が2死一、二塁から2点適時三塁打を放った。

工藤監督は試合後のインタビューに「本当に、このメットライフドームにたくさんのホークスファンの方が駆けつけていただいて、あつい応援をしてくれて選手たちも燃えて戦うことができたので本当にうれしくおもいますし、今は、終わった後というのはほっとしています」と少し表情を緩めた。西武を相手に、「シーズン中から、ここではなかなか勝つ事ができなくて、西武の強さっていうものがすごく際立っていたんですけど、その中でこうやってチャレンジができて、その中でみんなが結果を出してくれて良かったと思います」と一息。日本一へ「パ・リーグの代表として、しっかりとセリーグと戦ってきたいと思います」と誓った。

西武辻監督、セレモニーで号泣 嗚咽漏らし「悔しい」

パ・リーグ王者の西武は、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに競り負け、下克上を許した。21日の第5戦は5-6で惜敗し、アドバンテージ1勝を含めて2勝4敗で敗退。試合後、最終戦セレモニーでファンに挨拶した辻発彦監督は「悔しいです」と号泣し、来季の日本一を誓った。

すぐに言葉は出てこなかった。選手、スタッフが一列に並ぶ中、最終戦セレモニーの挨拶を行った辻監督。マイクの前に立つと、頭を抱え、嗚咽を漏らした。「悔しいです」と第一声を発し、「まさか今日、2018年シーズンが終了するとは考えてもいませんでした。このたくさんのファンの皆様と日本一になる夢を選手とともに持ち、今日まで必死に戦ってきました」と言葉を絞り出した。

「昨年、CSファーストシリーズで負け、その悔しさを持ち、選手たちは今シーズン、スタートいたしました。開幕してからの8連勝、シーズン終わるまで1度も首位を譲ることなく優勝したこと、本当に誇りに思います。9月に入り、中盤を過ぎ、本当に下からスタスタと追ってくるソフトバンクの足音、選手たちも緊張した中、疲労困憊の中、必死に戦ってくれました。一回りも二回りも大きくなったこと私は誇りに思います」

こう振り返った指揮官。さらに「昨年の敗戦から今年の成長、そしてまた、今年のこの敗戦が選手たちにとって大きなパワーとなって、また来シーズンに向かっていきたいと思います」と前を向いた。

最後は「昨年、今年と本当にたくさんのファンの方にこのメットライフドームに足を運んでいただき、熱い、熱い声援を送っていただき、心から感謝いたします」とファンに感謝。そして「来年は必ず日本一を勝ち取るために一丸となって、これからもう来年にスタートしたいと思います。本当に2018年シーズン、多大なる応援、ありがとうございました」と誓って挨拶を締めくくった。