10/6最終戦セレモニー、

スポンサーリンク

2018年レギュラーシーズンのヤフオクドーム最終公式戦となる10月6日(土)埼玉西武戦では、今季の応援感謝の気持ちとクライマックスシリーズ突破に向けての決意をこめて、「2018年レギュラーシーズン最終戦セレモニー」を実施いたします。
もう一度日本一を目指して、2018 パーソル クライマックスシリーズ パ突破に向け戦う選手に一緒にエールを送りましょう!

実施時間

試合終了後~(約30分間)

実施内容

  • 選手入場
  • ファン代表メッセージ
  • 監督挨拶
  • 花火20発

 

ありがとう本多選手。「最後の雄姿」は6日本拠最終戦

本多選手は福岡県大野城市出身。鹿児島実業高から三菱重工名古屋を経て2005年大学・社会人ほかドラフト5巡目でホークスに入団しました。2年目に二塁手の定位置を掴むと、2010年に59盗塁、2011年には60盗塁を決めて2年連続盗塁王に輝きました。この2シーズンともフル出場を果たし、チームは2年連続リーグ優勝、2011年には日本一にもなりました。

この日までの通算成績は1312試合、1287安打、打率2割7分6厘、15本塁打、347打点、342盗塁です。通算342盗塁は今季現役選手の中で3位、歴代21位タイに相当します。ベストナイン1度(2011年)、ゴールデングラブ賞(2010年、2011年)も獲得しました。