大谷翔平、元同僚から鮮やか流し打ち22号弾

スポンサーリンク

自己最多タイ22号で打率も.283へ上昇

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地レンジャーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場。

第4打席で、日本ハム時代の同僚マーティンから左翼席へ勝ち越しの22号ソロ弾を放った。

日本ハム時代の2016年にマークした自身最多に並ぶ一撃で、新人王獲得へ一歩前進。

4打数2安打2打点で打率を.283へ上昇させた。

MLBは公式ツイッターで鮮やかな逆方向への一発を動画付きで速報。

シーズン最終盤に来て、さらに加速する打棒にファンは称賛を送っている。

勝利を引き寄せる22号弾は、レンジャーズ戦6本目。

MLB公式ツイッターは「マイク・トラウトのお気に入り選手はショウヘイ・オオタニ」と題して動画を掲載。

エンゼルスの公式インスタグラムも「現在もっとも人気のショー」として、同様のホームランシーンを公開している。

圧倒的な活躍を続ける姿に、MLB屈指のスーパースター、トラウトも刺激を受けていることは間違いない。

ポストシーズン出場こそならなかったが、大谷の存在はエンゼルスの希望であり続けている。

大谷が元チームメートの渾身のストレートを完璧にはじき返した。

2-2の8回1死走者なしの場面で第4打席を迎えた。

2ボール2ストライクからの6球目。

外寄りの95.7マイル(約154キロ)のフォーシームを、鮮やかに流し打った。

力感のないスイングから放たれた打球は失速することなく左翼スタンドを越えた。

ダイヤモンドを一周すると、ベンチ前で出迎えたトラウトとがっちり握手。そしてベンチの中ではチームメートから熱い祝福を受けた。