29日間で27試合を消化する阪神の過酷日程 3位でもCS進出逃す珍現象も発生か?

スポンサーリンク

こうも台風や大雨が多いと、全球団、ドーム球場にしない限り、日程の差が出てしまうのはしょうがないですよね。

ダブルヘッダーや、トリプルヘッダーやると投手陣だけでなく、野手陣にも疲労でケガ人が増えそう。。

将来的には試合数が減ってしまうのかも。

CSなくして、リーグ優勝、即、日本シリーズに戻した方が違和感は少なそうですけど、CSも盛り上がりますし、下克上があると思うからファンも楽しみですし。

Full-Count / 2018年9月10日より

各球団の消化試合数にばらつきがあるため、残り試合数は各球団で大きく異なっている。9月9日終了時点で、シーズン終了予定の10月8日までの29日間での試合数は以下の通りとなっている。

〇パ・リーグ
ソフトバンク 24試合
ロッテ 23試合
西武 21試合
日本ハム 21試合
楽天 21試合
オリックス 18試合

〇セ・リーグ
阪神 27試合
DeNA 22試合
ヤクルト 21試合
広島 20試合
巨人 17試合
中日 15試合

6勤1休の通常のペースならば、24~25試合のはずが、阪神は27試合。

休みが2日しかとられていない。

反対に中日は2日に1日強しか試合をしないことになる。

阪神、中日ともに現時点では消化試合ではない。

ポストシーズン進出をかけて激しい競り合いをしている。

そんな中で、ここまで試合数が違うと、今後の展開に大きな影響が出る可能性もある。

阪神は、本拠地甲子園での主催試合の消化が極端に遅れている。

直近の9月9日も含め11試合が中止、ノーゲームになっている。

このため甲子園での阪神の主催試合はまだ48試合。

今後13試合も甲子園で試合が組まれている。

本拠地での試合は阪神には有利なはずだが、今年の天候不順を考えると、甲子園での試合が無事に消化できるかどうかは微妙なところだ。

■セ・アグリーメントではCS開幕の2日前の時点で順位を確定することに

セ・リーグのアグリーメントによると、クライマックス・シリーズ開幕の2日前の時点でペナントレースの順位を確定することになっている。

今年の場合は10月11日だ。日程では10月8日までにペナントレースは終了することになっているが、天候不順などで試合が順延になり、10月11日で全試合を消化できなかった場合は12日以降の試合の勝敗は、ペナントレースに反映されないことになっている。

試合そのものは、個人記録の関係上行われるが、勝っても負けても順位に変動はなくなるのだ。このアグリーメントに引っ掛かりそうな球団は、今のところ阪神だけだ。

しかも阪神は今、巨人と2ゲーム差の4位。この状況が続き、試合消化が遅れて11日以降にずれ込んだ場合、CS出場権がある3位以内に入る可能性を残して無念の敗退が決まる可能性がある。

阪神にとって今後の敵は相手チームだけでなく、天候も、ということになるだろう。

昨今の異常気象、天候不順を考えると、NPBは試合日程を組み替えることも検討すべきではないか。

今は、中止した試合を振替試合にして後日割り振っているが、秋口の天候不順を考えれば、休養日を利用するなど、その対戦カードの日程の中で消化してしまうことも考えるべきだろう。

ダブルヘッダーは1998年以来行われていないが、野球協約ではこれを禁止してはいない。最悪の場合、ダブルヘッダーを組むことも考えるべきだろう。

阪神は、昨年もCSで雨天に見舞われ、泥沼のような甲子園で試合をすることになった。天候対策は、今後抜本的に見直すべきではないか。