4本塁打で圧倒!9月8日(土)ソフトバンク vs. オリックス 20回戦


ソフトバンクは4回裏、グラシアルのソロ、今宮の3ランなど、打者12人の猛攻で一挙7点を先制する。その後も5回に牧原が適時三塁打を放つなど、終わってみれば15安打で12得点を挙げた。投げては、先発・ミランダが今季3勝目。敗れたオリックスは、投手陣が崩壊した。

本塁打 [ オリックス ]
[ ソフトバンク ] グラシアル5号(4回裏ソロ)、今宮10号(4回裏3ラン)、松田宣27号(6回裏3ラン)、柳田32号(8回裏ソロ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0
ソフトバンク 0 0 0 7 1 3 0 1 X 12 15 1


スポンサードリンク