投手陣に苦慮するソフトバンクの“救世主”になれるのか

育成で獲ってドラフト上位に戻す。SBで“早稲田の大竹耕太郎”再び!

 

8月1日、首位・西武との一戦に先発したソフトバンクのルーキー・大竹耕太郎(184cm78kg・左投左打・早稲田大)が8イニングを5安打2失点に抑え、プロ初登板初先発で見事初勝利をあげた。

大竹耕太郎は昨秋のドラフト会議で、「育成選手」として指名され、プロに進んだ選手だ。

学生野球生活の後半2年間、彼はとにかく苦しんだ。

ヒザを痛め、肩を痛め、野球に真っ当に向き合う青年だったから、適当なところで切り替えたり、やり過ごしたりできずに、いちいちつまずいたり、カベに当たったり。そんな「悲話」を何度か耳にしたこともあった。

入学から2年間エース、その後低迷。

入学直後からの2年間4シーズンは、大竹耕太郎といえば、絶対的な早稲田のエースだった。

とりわけ、2年生の春と秋はリーグ戦を連覇して、6月の全日本大学野球選手権でも優勝の原動力となり、このままいったら2年後は「ドラフト1位だろう!」の声もあがっていたほどの勢いだった。

そこから2年間の長い“低迷”だったから、育成枠でソフトバンクに進むことが決まったときも「早稲田のエースを張った男が、なにも育成でいくことはないだろう」という声が年配のOBからいくつもあがっていたという。

それほどの、プロへの強烈な意欲。

あいつなら、野球をやめて就活しても、銀行でも商社でも、行った数だけ内定がとれる。

野球部関係者のそんな感心する証言も、大竹耕太郎という青年の優秀な頭脳と人格を表していた。

生きたボールが立て続けにミットへ

2年生の秋、大竹耕太郎が快投を続けていた頃。スピードが“140”を超えることもめったになく、魔球のような変化球もなさそうなのに、どうして……?

試合前のブルペンで投げる大竹耕太郎を、すぐそばで見たことがある。捕手の後ろあたりで見ていたら、すごく速く見える。ベースの上で速く、ミットの当たりもすばらしく強い。

ネット裏からは何でもなく見えていたスライダー、カーブ。チェンジアップだったのかフォークだったのか、スッと抜いて沈むボール。すべての“変化点”がすごくホームベースに近い。いわゆるキレの鋭い、生きたボールが立て続けに構えたミットに決まる。

低めに集める意識と、それを実践できる投球技術。

これなら勝てるわ……。

応援部の人に「エールの交換が始まるから」と応援席を追いたてられながら、なるほどね……と深く納得したものだった。

そのまんまのピッチングだった。

アマ時代の大竹に戻っていた?

初回、西武4番の山川穂高一塁手に、見えなくなるほど飛ばされて、うわっ! と思ったが、そこからが「早稲田大学・大竹耕太郎」そのものだった。

インステップしてくるから、サウスポーの生命線であるクロスファイアーが、右打者のふところ斜めの角度で食い込み、左打者にはボールを遠くに見せた。さらに、チェンジアップをストライクからボールゾーンに沈めて、打者の視線を崩してみせた。

投げ続けた8イニング24のアウトの中で、フライになったのは4つだけ。あとの20のアウトは、すべて内野ゴロと三振だったのが、何より、早稲田でエースとして勝ち星を重ねていた頃の大竹耕太郎に戻っていた証拠であろう。

 

プロ野球のルーキーが一軍デビューし、勝利に貢献できるのは、その選手がアマチュア時代より成長し、進境著しいからこそ……ではないのか。

アマチュアの頃に戻ってしまっていては、進化よりむしろ退化かもしれないのに、大竹耕太郎の場合は、「アマチュア戻り」が進境につながった。

育成で獲って“ドラフト上位”に。

一軍に上がってすぐに、首位を走るチーム相手に先発で当てられて、8回まで試合を作って勝利に結びつける。普通なら、ドラフト1位か2位で入団したルーキーの「仕事」だろう。

ということは……。

“育成”で獲って、半年で“ドラフト上位”に戻して使ってる……そういうことだろう。

この日の大竹耕太郎の覚醒で、ソフトバンクは2017年ドラフトで1位、2位を「3人」獲得したことにはならないか。

もちろん、ここまで技量を上げてみせたのは大竹耕太郎本人だろうが、その陰に「早稲田の大竹」に戻してみせたスタッフの頭脳と工夫と骨折りがあったはずだ。

「おばけフォーク」の千賀滉大が今ひとついつもの調子にほど遠い今季、そこを補うように8勝をあげる石川柊太。今や立派なレギュラーマスクに台頭した甲斐拓也に、今季8年目、腐らず頑張り続けた牧原大成は、二塁手のレギュラーとして、この暑い中で3割台をキープしている。みんな、みんな、育成を登竜門にしてきた選手たちばかり。

12球団で唯一、ソフトバンクが「育成枠」を有効活用している。それは、誰もが認めるところだろう。

よかった頃に戻してあげる発想。

 5年先に、チームのどこかで開花できる潜在能力を持っているかどうか。

それがこれまでの“育成枠”の定義だとすれば、今後は違うのかもしれない。

「今はどん底かもしれないが、よかった頃に戻してあげれば、そこからさらに伸びていけるのでは……」

そんな発想が、新たな育成枠を生み出していくのではないか。

もしかしてプロ野球のスカウトって、「ロマンチスト」の方がいい仕事ができるのではないか。

いや、むしろ、ロマンチストでなければ、プロ野球のスカウトはできないのではないか。

Number Web より

 

快挙の後輩・大竹に送ったメール 和田の現状

 

=2018/08/04付 西日本スポーツ=

左肩の違和感でリハビリを続けている和田の表情が明るくなった。1日の西武戦で8回2失点と好投し、育成ドラフト出身で史上初の初登板初先発初勝利を挙げた大竹の話題になった時だ。「試合後、おめでとうとメールしましたよ」。早大出身、左腕、技巧派と共通点の多い後輩の活躍をわが事のように喜んだ。

和田の初勝利はプロ2度目の登板だった2003年4月9日の西武戦(6回無失点)。デビュー戦となった同年4月1日の近鉄戦は6回2/3を5失点で敗戦投手となった。「(大竹に)抜かれたな」とおどけた一方、「成績を残し続けることがプロ」と日米通算131勝を挙げている一流選手ならではのエールも送った。

自身はブルペン入りを目指し、キャッチボールを重ねている段階。「チームが必死に戦っている中、自分が諦めるわけにはいかない。1試合、1球でも(投げて)チームに貢献できるように」。後輩の快挙を刺激に、黙々と腕を振る。