ビデオ判定での誤審でオリックス敗戦 審判団が試合後に本塁打をファウルと認める!!

えーーーーーーーーー!!

うそでしょ??

テレビで何回見てもインフィールドでしょ!

解説者も言ってたし、実際、ポールのインフィールド側をボールが通ってたじゃん!
あのシートポジションにファウルで落ちることある?

審判が誤審を認めたってどういうこと?

リクエストの意味ない!!

 

 

 

 

「オリックス3-5ソフトバンク」(22日、ほっともっとフィールド神戸)

まさかの誤審で、ソフトバンクが勝利した。延長十回、中村晃が右翼ポール際へ決勝2ラン。しかし試合後、その打球がファウルだったことを審判が認めるという異例の事態となった。

試合終了直後、オリックス・福良淳一監督が詰め寄った。「ファウルやろ!」。審判団が“リクエスト弾”について正式に誤審を認めたのだから、怒りは当然だった。

 問題視したのは3-3で迎えた延長十回2死一塁。5番手・近藤がカウント2-2から中村晃へ投じた9球目だった。右翼ポール際へのライナー性の打球はファウルの判定。すぐさま審判団が集まり、ソフトバンク側からのリクエスト要求という形でビデオ判定となり、本塁打に覆って勝ち越しを許した。

 試合後、福良監督と共に再度映像を確認した責任審判の佐々木二塁審判は「ポールの前に白いものが」とボールがファウル側を通過していたこと認めた。ただ、試合は成立しており、勝敗と成績は変更されないという。(デイリー)

 

6月22日(金)オリックス vs. ソフトバンク 10回戦

ソフトバンクが延長戦を制した。ソフトバンクは2点ビハインドで迎えた5回表、中村晃の2ランで同点とする。延長10回には、再び中村晃の2ランが飛び出し、勝ち越しに成功した。3番手・モイネロが今季4勝目。敗れたオリックスは、5番手・近藤が痛恨の一発を浴びた。

12345678910
ソフトバンク0100200002591
オリックス00030000003110