内川復帰弾!6月16日(土)ソフトバンク vs. 広島 2回戦


\(^_^)/

ウッチー、2軍戦に続き3試合連続のホームランです!

1軍復帰、1打席目で内川選手らしいしぶといセンター前ヒットだったので、戻ってきたな~、という感じがしてました。

まさかホームランまで飛び出すとは。

打線も試合展開も、一気にホークスらしさが戻ってきました。

ちょっと柳田選手の調子も気になりますが、これで投手陣が戻ってきてくれれば。。。

夏に向けて期待できそうです!

ソフトバンク・内川聖一内野手(33)は16日の広島戦との交流戦で1軍に復帰し、「3番・一塁」でスタメン出場。試合を決定づける2ランを放つなど、2安打2打点の活躍を見せた。

初回の第1打席に中前打すると、1点を勝ち越した直後の7回2死一塁からは、広島の2番手・今村の初球の真ん中高めの直球をジャストミート。左翼ホームランテラス席へ飛び込む4号2ランを放った。

復帰戦で即マルチ安打の活躍をした内川は「(本塁打の球は)真っすぐ。いい感じで同点、勝ち越してくれたおかげ」とコメントした。(スポニチアネックス)

戦評

ソフトバンクは2点を追う6回、中村晃の中前打と2四球で無死満塁とし、デスパイネの中犠飛で1点差に迫った。7回1死一、二塁からは代打・長谷川勇の右前適時打で追いつき、中村晃の右犠飛で勝ち越し。さらに1軍に復帰したばかりの内川が左越え4号2ランを放って加点した。8回にはデスパイネの14号ソロで追加点を挙げた。

先発・バンデンハークは7回108球を投げ、3安打2失点(自責1)9奪三振で5勝目(5敗)を挙げた。

広島は先発・ジョンソンが6回3安打1失点と好投したが、2番手・今村が崩れて逆転負けした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 5 0
ソフトバンク 0 0 0 0 0 1 4 1 X 6 8 1


スポンサードリンク