5月16日(水)楽天 vs. ソフトバンク 8回戦


内川選手、せっかく2000本の呪縛から解かれ、活躍が期待されたのに、今度は自打球。。。

今季は何かついていないんですかね~

大けがではなくてよかった、と思うしかないのでしょうが。

その分、マッチがちょっとだけ上向きでしょうか。

ホームランも出てますし、いい所でのタイムリー。

首位西武との差も詰まってきて、いい感じです!

ソフトバンクは同点で迎えた5回表、松田と福田の連続適時打などで3点を奪い、勝ち越しに成功する。その後は、6回に松田の2ランでリードを広げた。投げては、先発・石川がリーグトップタイの今季6勝目。敗れた楽天は、先発・美馬が5回途中6失点と試合をつくれなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 1 0 2 0 3 2 0 0 4 12 17 1
楽天 2 0 1 0 0 0 1 0 0 4 9 0

 

ソフトB内川が登録抹消 15日に自打球で左足打撲

 

開幕から4番を務めてきた内川は15日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)の3回2死一塁での第2打席で、自打球が左足首を直撃。

直後の守備には就いたが途中で交代し、仙台市内の病院で受けた検査で打撲と診断されていた。16日の同カードは試合前の練習にも参加せず、今季初めて欠場していた。

  内川に代わって、ジュリスベル・グラシアル内野手(32)が18日のロッテ戦(ZOZOマリン)で出場選手登録される予定。


スポンサードリンク