川崎がイチローの去就を待っていた?イチロー「オリックスと破談」の真相

スポンサーリンク

3月7日(日本時間8日)に開かれたマリナーズ復帰会見でイチロー(44)は、「2001年にメジャーリーグでプレーすることが決まった時の喜びとはまったく違う感情が生まれた」と6年ぶりの古巣復帰に笑顔を見せた。

1年契約とはいえ、米メディアによると年俸75万ドル(約8000万円)に125万ドル(約1億3000万円)の出来高払いが付く。

今年で45歳を迎えるプレーヤーにメジャー契約がオファーされること自体、異例中の異例と言っていい。

しかも出来高を含めた年俸200万ドルはイチローにとってマーリンズに在籍していた昨季年俸とほぼ変わらない額だ。レジェンドに対するマリナーズ側の誠意が感じ取れる。

今オフ、メジャーリーグの移籍市場は空前の冷え込みに見舞われている。

今もスター級を含め約80人が未契約のままとなっているが、その影響をここまでイチローもモロに受けていた。

メジャーがダメなら、もう日本に戻ってプレーするしかないだろう。

そう考え、水面下でイチローに猛アタックを仕掛けていたのが、古巣のオリックスだった。

氷河期状態のメジャー移籍市場は、例年、イチロー再獲得を目指してきたオリックスにとって、逆に千載一遇のチャンスでもあったのだ。

オリックスの幹部が今オフ中に複数回にわたって渡米し、イチローと極秘接触。綿密に交渉を重ねた末に一時、オリックス側は好感触を得ていたが、結局のところアッサリと破談してしまったという。

イチローに近い球団関係者は、その理由を次のように打ち明けた。

「イチローの当初の思惑が外れてしまったからですよ。もともとはオリックス、あるいは彼が生まれた地元の球団でもある中日などNPB球団だけでなく、メジャーの球団からもオファーがあって、その中であえてオリックスを選ぶという流れなら古巣復帰はOKだった。複数のメジャーから好待遇のオファーを提示されながらも、15年から古巣の広島へ復帰する道を選んだ黒田(博樹氏)のようにね」

いくら市場が冷え込んでいるとはいっても、1つぐらいは舞い込むだろうと、当初、イチローはタカをくくっていた。

ところが、待てど暮らせどメジャー球団からのオファーがなかったことで、イチローの計算は大幅に狂ったようだ。

「メジャーのどこからも声がかからないから日本に戻るという選択肢は『惨めの極致だ』とイチローは思い込んでいる。だから冷静に状況を見つめ直して『メジャーでプレーできないから日本で最後を飾るという生き方より、メジャーで引退するほうがステイタスの面を考えても全然いい』と考え、オリックス側に『NO』を突きつけたのです。オリックスの幹部はあと一歩のところでイチローにフラれてしまった‥‥」(前出・球団関係者)

イチローに関しては、実は弟分の川崎宗則(36)にも触れざるをえない。

いまだにソフトバンクとの契約を結んでおらず、とうとう春季キャンプ地にも姿を見せなかったのだ。

球団側が契約延長を要請しているにもかかわらず、川崎が不可解な更改拒否の姿勢を貫いている。

「王会長が『必要』と言っているにもかかわらず、交渉は平行線のまま。番記者もその話題には触れてはいけない空気になっている。今ささやかれているのが、実はイチローの移籍先決定を待っていたのではないかという説。尊敬するイチローと同じチームでプレーしたい川崎がイチローの去就を待っていたというのです。はたして、マイナー契約でマリナーズ入りするのか、まもなく結果は出ます」(ソフトバンク担当記者)