雨の宮崎…工藤監督、キャンプ初日から精力的

スポンサーリンク

ソフトバンクの宮崎春季キャンプが1日、宮崎市内の生目の杜運動公園でスタートした。

あいにくの雨模様でA組が午前、B組は午後からと室内練習場で別々のスタートとなった。

「選手それぞれが(オフに)レベルアップを考えてやってくれた。そこを見るのが楽しみ。レギュラー組には体作りをやった上でけがをせず戦う準備をして欲しい。若い選手は競争に生き残る意識を持ってもらいたい」

と話していた工藤監督。

初日から精力的に動き回っていた。

 

ソフトBサファテ 4年連続40セーブなら岩瀬抜きプロ野球新記録

ソフトバンク・サファテは通算250セーブにあと21。昨年はプロ野球新記録のシーズン54セーブをマークしており、今季達成の可能性が高い。

来日以来の通算登板数は421試合。

250セーブのスピード到達3傑は(1)佐々木主浩(横浜)435試合(2)高津臣吾(ヤ)512試合(3)岩瀬仁紀(中)658試合。

サファテは佐々木に次ぐ歴代2位でランクインしそうだ。15年からの年度別セーブは41→43→54と3年連続40セーブ以上を継続中。

4年連続なら前記岩瀬の3年連続(05~07年)を抜くプロ野球新記録になる。