ソフトBタイトル独占 西武と楽天が恐れるのはアノ男

スポンサーリンク

セ・パともにシーズンの全日程が終了し、各タイトルも確定。

驚くべきはパのタイトルホルダーのラインアップだ。投手・野手合わせて12部門中、ソフトバンクの選手が7部門と過半数を占めた。

投手部門は最多勝利が東浜の16勝(西武菊池とタイ)、勝率1位には.765の千賀が輝いた。

最優秀中継ぎは46ホールドポイントの岩崎、最多セーブはプロ野球記録の54Sをマークしたサファテだ。

打者部門ではデスパイネが最多本塁打(35本)と最多打点(103点)で2冠。柳田が最高出塁率(.426)を獲得した。

2006年にも今回同様、12部門中7部門を制したが、当時は斉藤和巳(現評論家)が投手4冠を達成するなど、純粋な人数でいえばタイトルホルダーは3人。

それが今回は多くの選手が活躍して6人だ。

15年トリプルスリーの柳田は右脇腹を痛めてCSの欠場が濃厚だが、それでも戦力は豊富。

CSファイナルステージ進出を懸けて戦う西武と楽天にとっては、脅威以外の何ものでもない。

しかし彼らが本当に恐れているのはタイトルホルダーにあらず。

それが主将の内川(35)だ。

「プロ野球では主将は形ばかりのケースが多いが、内川は本物。プレーでも背中でもナインを鼓舞できる。35歳というベテランながら、ベンチでは率先して声を出している。ケガの影響で二軍戦に出場した時ですら、一番前に陣取ってナインに声をかけていた」(球界関係者)

7月下旬に左手親指骨折で離脱していた内川は、9月末に一軍に合流。

西武と楽天にとって、厄介な相手が戻ってきてしまった。

(日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月13日 より)