清宮の特例ポスティングどうなる?王会長「お金ほしさに選手売る行為」

スポンサーリンク

10月26日のドラフト会議を前に、国内プロ球団と早実・清宮幸太郎内野手(3年)との面談が2日に行われ、午前中にはオリックス、DeNA、西武、ソフトバンクのスカウトらが続々と東京・国分寺市の同校を訪れた。

面談に参加しないことを明言した広島以外の11球団が清宮の指名に興味を示している。

面談には、清宮本人のほか父・克幸さん(現ヤマハ発動機監督)、母・幸世さん、早実野球部の国定貴之部長が同席。

面談を終えたDeNAの吉田孝司スカウト部長兼GM補佐は

「ポスティングの話は出なかった。筒香を育てた育成システムについて説明した。(清宮本人からも)筒香について質問があった」とした。

清宮を指名する球団にとって焦点となるのは、ポスティングシステムでの早期メジャー入りを認めるかどうかだが、これまで利用を認めてこなかったソフトバンク、巨人は変節すべきではない。

ダルビッシュ有(レンジャーズ)に続き、今オフは大谷翔平をポスティングでメジャー球団へ送りだそうとしているのが日本ハム。

代理人たちの間では「日本ハムは譲渡金目当てだけでなく、自ら代理人に一枚かんで、ひともうけする方法はないかと躍起になっている」とのウワサで持ちきりだという。

ポスティングを最大のビジネスチャンスととらえ、直接代理人を務める方法はないかと模索しているというのだが、事実なら、ソフトバンク・王貞治球団会長などは絶句してしまうだろう。

 「FAは選手自らが勝ち取った権利。どんな決断をするのも選手の自由だし、メジャー行きを選択すれば拍手して送り出すが、ポスティングの場合は、どう理屈をつけても、お金ほしさに選手を売る行為であることは否定できない」

こう公言してはばからない王会長は言葉通り、海外FAでは、監督時代の秘蔵っ子・城島健司捕手をメジャーへ快く送り出した。

巨人の長嶋茂雄終身名誉監督も同様で、まな弟子の松井秀喜の背中を押している。

ポスティングでのメジャー入り容認など百害あって一利無し。

ソフトバンク巨人はスタンスを変える必要はない。