右の拳でグラウンドをたたきつけた則本

スポンサーリンク

このシーンは印象的でした。

敵ながらアッパレというか、斉藤和巳のあのシーンを思い出しました。

◆ソフトバンク4―3楽天(24日・福岡ヤフオクドーム)

 エースがまたしても崩れ落ちた。2点のリードをもらった直後の7回、則本は粘りきれなかった。1点差となった2死一、二塁。福田の打球が左中間を抜けると、その場にしゃがみ込んで下を向いた。すぐに本塁後方へバックアップに回ったが、逆転の走者・松田が生還し大はしゃぎするのを横目に再びしゃがみ込み、怒りを右の拳に込めてグラウンドをたたきつけた。

この日9奪三振で4年連続200Kを達成。オリックスが敗れ、日本一になった13年以来4年ぶりのCS進出が決まった。しかし、痛すぎる7敗目。2位の西武に3ゲーム差に引き離された。