骨折のソフトB内川 CSにらみ9月下旬に実戦復帰へ


ソフトバンク・内川がクライマックスシリーズ(CS)をにらんでシーズン中に復帰する可能性が出てきた。

左手親指付け根部分の骨折でリハビリ中。7日は筑後市のファーム施設で硬球を使ってティー打撃を開始した。

久しぶりの感触にも本人は慎重だ。

「やってみないと分からない。首のときもそうだけど、日々やっていきながら」。

6月にも首痛で離脱しただけに、しっかり状態を見極める構え。

左手は7月23日ロッテ戦(ヤフオクドーム)の一塁守備で打球を処理した際に負傷。
左手母指基節骨(きせつこつ)尺惻基部の剥離骨折で全治6週間と診断された。
今月5日にギプスが外れ、翌6日はテニスボールを使ったティー打撃やノックで汗を流した。

順調なら9月下旬に2軍戦などで実戦復帰する見通し。

斉藤学リハビリ担当コーチは「いきなりポストシーズンはきつい。1軍数試合に出て、フェニックスリーグで調整できれば」と話した。

日本一奪回へ、心強い4番の復帰が待たれる。


スポンサードリンク