グラシアル1軍昇格「役割を全力で」 森ヘッド「打撃の状態いい」と太鼓判

福岡ソフトバンクジュリスベル・グラシアル内野手(34)が18日のロッテ戦(ZOZOマリン)から1軍昇格することになった。17日、ペイペイドームで行われた投手練習に参加した森ヘッドコーチが明かした。

グラシアルはウエスタン3試合で10打数5安打、打率は5割をマーク。世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響で再来日が遅れたが、頼れる男は順調に調整を進めてきた。

森ヘッドコーチは「(状態は)8、9割ぐらい。本人も(1軍合流が)OKとなった。打撃の状態はいいと思う。しっかりと変化球にも対応している」と太鼓判を押した。

本人も球団を通じて「1軍に合流できることをまずはうれしく思っている。少しでもチームの力になれるように、与えていただく役割を全力で頑張ります」とコメントした。