4月10日(火)ソフトバンク vs. 日本ハム 1回戦


東浜君は7回3失点なら、まずまずだったでしょう。制球力に磨きをかければ本来の姿に戻ると期待しています。

問題は打撃陣ですねー

調子がなかなかあがってきません。

まぁ。まだ始まったばっかりだし、大型連敗とけが人にだけは注意して、交流戦後から爆発しましょ!!

 

スポナビ戦評

日本ハムは4回表、1死満塁の好機で西川が適時打を放ち、1点を先制する。

6回に清水のソロ、1点を返された直後の7回には、中田のソロで追加点を挙げた。

投げては、先発・上沢が7回1失点の力投で今季初勝利。

敗れたソフトバンクは、打線が振るわなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 0 1 0 1 1 1 0 4 9 1
ソフトバンク 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1

責任投手/本塁打

勝利投手 [ 日本ハム ] 上沢 (1勝0敗0S)
敗戦投手 [ ソフトバンク ] 東浜 (0勝2敗0S)
セーブ [ 日本ハム ] 石川直 (0勝0敗3S)
本塁打 [ 日本ハム ] 清水3号(6回表ソロ)、中田3号(7回表ソロ)
[ ソフトバンク ] デスパイネ1号(6回裏ソロ)

バッテリー

日本ハムバッテリー 上沢トンキン石川直 – 清水
ソフトバンクバッテリー 東浜二保モイネロ加治屋 – 甲斐


スポンサードリンク