マッチ2発!無観客でもライトへ「熱男~!」

無観客でも絶好調のマッチ!

サービス精神には頭が下がりますね。

選手たちも調子がいい時に開幕できないのはツライでしょうね。

 

[スポニチアネックス 2020年3月11日]

早くファンに届けたい――。

ソフトバンクは10日、巨人とのオープン戦に10―2で大勝した。
初回にウラディミール・バレンティン外野手(35)が3ラン、松田宣浩内野手(36)がソロを放ち、初のアベック弾が完成。松田宣は4回にも3ランを放ち、3安打4打点の活躍を見せた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開幕が延期となったが、一日でも早い終息を願って調整に集中する。

初回、1番・牧原から5番・松田宣まで5連打で5得点。
昨年の日本シリーズで4連勝した巨人をいきなり圧倒した。
ベンチの盛り上がりが最高潮に達したのは中軸のアベック弾だ。
4番・バレンティンが無死一、三塁で先発・戸郷の149キロ直球を仕留める。
バックスクリーンへ3ランを叩き込むと、松田宣も初球の149キロ直球を捉えて左中間ソロで続いた。

「最高の本塁打。しっかりと打てて良かった。しっかりと球の見極めもできている」と2四球も含め全3打席で出塁したバレンティンは自画自賛だ。

松田宣も「続けて打てたのは最高。自分もバレンティンも30本塁打を目指している。お互いに切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」とうなずいた。

バレンティンは1日の阪神戦以来となるオープン戦2号。

ベンチ前で「パーティー・ピープル」と名付けた本塁打パフォーマンスを披露すると、松田宣もおなじみの「熱男」コールで続き、新助っ人は「本当に自分が打ったくらいうれしかったよ」と興奮していた。

バレンティンの加入が、打線に相乗効果をもたらしている。

「バレンティンの打席での集中力は凄い。勉強になる」と松田宣。

3回の第2打席に右前打を放ち、4回にはオープン戦3号の左越え3ランを放った。3安打4打点の大暴れ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となり、この日も無観客でオープン戦は行われたが、いつもは鷹党が陣取る右翼席へ向かって「熱男」コールを叫んだ。

松田宣は「本塁打はファンを喜ばせる最高の形」と話し、「ファンを喜ばせる瞬間まで準備したい」と頼もしく語った。

球場に歓声が戻ってくる日のために、今は目の前の一球に集中する。