プロ野球開幕の延期決定 臨時の12球団代表者会議

臨時の12球団代表者会議が9日、都内で開催され、3月20日のプロ野球開幕の延期が決まった。

会議後に会見に臨んだNPB斉藤コミッショナーは「2軍は3月いっぱいは無観客の練習試合とする。1軍は4月中の開幕目指す。現状、患者がどんどん増えている。20日で開催するには時間がない」と話した。

開幕延期以外の詳細は決まっておらず、12日に再び話し合いの場を持つ。

同コミッショナーは「143試合やるために、12日にCSなどの日程について決める」とし、延期期間の目安については「12日にそれを話し合うが、いくつかたたき台はある。球団からは、準備があるので、開幕する10日前までには決めてほしいと言われている」と話した。

この日行われた日本野球機構(NPB)とJリーグの合同の第2回新型コロナウイルス対策連絡会議では、専門家から「プロ野球の開幕について延期が望ましい」との提言がされていた。

2リーグ制後、リーグ全体で意図的に開幕延期を決めた例は、東日本大震災が起きた11年だけ。

11年は3月11日の震災を受け、同25日に予定されたセ、パ両リーグ開幕戦が4月12日に延期となった。

3月17日にはセが予定通り強行、パだけ延期する分離開幕として発表されたが、選手会の要望や世論の反発もあり、最終的に両リーグとも延期が決まった。両リーグの延期分は89試合。

日本シリーズ開幕を当初の10月29日から11月12日へ2週間遅らせるなど、日程を組み直した。

1リーグ時代の45年は、太平洋戦争激化のためリーグ戦を開催できなかった。

51年セ・リーグは開幕時に広島が解散危機にあり、広島以外の球団だけで開幕。53年セ・リーグは米国サンタマリアでキャンプを行っていた巨人を除いて開幕した。